« セミナー資料製作必死編 | トップページ | 明日から札幌 »

2017年8月20日 (日)

(公社)日本眼鏡技術者協会実技OPDマシン

これ、(公社)日本眼鏡技術者協会の生涯教育実技で用いるPPTファイル

Photo
まだ、正式に承諾を得ていないので、表紙だけ。
OPDを生涯教育実技会場に運び込み、解説を行うことははじめての事です。
今年、実は縁あって実技を行う会場に「レフの代わりにOPD」を設置していたぢていました。
ですが、このマシンの機能に基づいた解説、利用法は説明してきませんでした。
もともと、眼科医療分野で用いられていたマシンです。
この前、ZEISS社の協力で、機器の説明含めてZEISS社の本社IOFT会場で実機を持ち込んで解説実演(ZEISS社の方々に協力戴きました)を行いました。
今回はPPTを用いて3時間強
眼鏡業界で、視力の質、SRの問題などなど、色々と実機を用いて実演解説が出来そうです。
個人的にも、わくわくしています。
生涯教育実技です、実演会場は限られていますが、ご興味がある眼鏡技術者、
と言うより、これ、世界的にみて最新技術の塊で、海外ではオプトメトリストが、一生懸命勉強研究して使い始めています。
楽しいですよ~~
上手く実演できるかな~~~

|

« セミナー資料製作必死編 | トップページ | 明日から札幌 »

眼鏡と仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (公社)日本眼鏡技術者協会実技OPDマシン:

« セミナー資料製作必死編 | トップページ | 明日から札幌 »