« 秋田から長岡そして新潟 | トップページ | 福井で生涯教育 »

2014年7月15日 (火)

東京眼鏡専門学校の実技検定試験

実技検定試験

チョット厳格な名前ですが、これ、私が担当している測定実技の修了試験名です。
一人一時間以内に「来客挨拶」「問診」などから始まって「自覚測定」を終了して「お疲れ様でした」
ここまでストップウォッチで計測します。
結果は、終了後、受験者を目の前に
1)反省点
2)怠ったところ
これらを直接聞き出し
A~D評価を直接、本人に伝達します。
クロスシリンダー操作で、手が震えたりして緊張の連続のようです。
昨日受験した女子学生は
「あ~~~胃が痛い」
と話していました。
でも、これが実技検定試験
秋からの、第二眼鏡学部
アット驚く仕組みを準備中。
さ~~て、どうなることやら。
タ・ノ・シ・ミ

|

« 秋田から長岡そして新潟 | トップページ | 福井で生涯教育 »

眼鏡と仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京眼鏡専門学校の実技検定試験:

« 秋田から長岡そして新潟 | トップページ | 福井で生涯教育 »